HOME | 農業機械 | 除草管理 | マルチインプルメントブームマスターZ

マルチインプルメントブームマスターZ

適応馬力:35~135 PS
刈幅:50/90/100 cm

ブームマスターZ トップ

日本の作業に合わせた左前刈り刈取部が見やすく、作業が容易

作業部(アタッチ)は運転席の横からオペレータが視認しやすいように、格納位置より前方に油圧操作で移動します。

前方移動

 

コンパクトな折りたたみで後方視界良好低重心なZブーム格納

コンパクトに格納する、水平折りたたみ“Zブーム”によって、低い重心と良好な後方視界を確保します。

格納

 

ワンアクションでホームポジション自動展開・格納

ワンアクションで誰でも簡単にホームポジションへ自動展開・格納ができ、展開・格納の操作工程を約86%削減できます。

自動格納

 

トラクターへの接近防止

各部にセンサーを付ける事で、ブーム作業範囲を制御してトラクタへの接触を防ぎます。※3P作業位置固定時有効。

近接センサー

 

ローター回転の自動停止

ブームをトラクタ後方へ操作した際に、ローター部は作業範囲外で回転しない安全機能を装備しています。

自動停止

 

障害物の負荷からブーム本体を保護するブーム先端部オートフロート

ブームの姿勢に関わらず、作業部(アタッチ)に負荷が掛かった場合、ブーム先端のセンサーが負荷を感知してブームを自動で上げ、本体を守るセーフティー機構を装備。

フロート

 

安定した作業ができるフレーム部負荷センサー

作業部(アタッチ)に土を削る等の負荷が掛かった場合、フレーム部のセンサーが負荷を感知してブームを自動で上げ、作業部(アタッチ)を逃がすことで機械の損傷を防ぎながら安定した作業を継続します。

 

衝撃を吸収するブレーキバック機構

ブレーキバック機構を採用し、作業部(アタッチ)が障害物等にぶつかったなどの高負荷が掛かった場合、ブームを80°後方へ逃がすことにより、機械の損傷を防ぎます。

ブレーキバック

 

無線通信ジョイスティックリモコン

無線通信ジョイスティックリモコン(電磁弁)の採用で直感的にスムーズな操作ができます。リモコンは左右どちらでも取付可能です。

ジョイスティックリモコン

 

様々な草丈に対応する正転・逆転切替スイッチ

正転・逆転スイッチを装備していますので、フレールモアアタッチ使用時は草を起こしながら逆転で作業を、背丈の高い草を刈る時は正転に切り替えるなど、使用条件に応じて切替えできます。

正転・逆転切替スイッチ

 

オイルクーラ標準装備

夏場の高温下や長時間作業で熱くなったオイルの冷却ができるオイルクーラーを全モデル標準装備。

オイルクーラ

 

フレールモアアタッチ MF90/100

フレールモアアタッチはBMZ100DX用の作業幅900mmと、BMZ200DX用の作業幅1000mmがあります。

フレールモアアタッチ

 

際刈りアタッチ MSC50

際刈りアタッチは作業幅500mm。BMZ100DXとBMZ200DX兼用です。

フリーナイフ

 

際刈りアタッチ MSC50

際刈りアタッチは障害物(木・ポール・フェンス等)に接触するとローターがスイングして回避しながら、障害物の際に沿って草を刈り取ります。また、ローターの方向をワンタッチで切替でき、障害物の裏側まで草を刈り取ることができます。さらに、衝撃が加わった際はシャーボルトが切れ、本体を保護します。

際刈りアタッチ

 

際刈りアタッチ MSC50

ローター部の全高は250mmと低いので、ガードレール下の刈り残しにも対応可能。(※障害物との間が10cm以上確保できない場合は作業できません。)
スキッドが地面の凸凹に応じて自動で上下に追従するフローティング機構を搭載。

際刈りアタッチ スキッド

 

【JA・販売店のお客様へ】
パーツリストは下記よりログインしてご覧ください。