農業機械と環境機械のササキ 農業機械
ホーム農業機械環境機械バイオマス機械工場直受カタログ会社情報採用情報

乗用管理機専用の大豆・麦播種機
東北農研センター共同開発

立毛間播種機 RT301RH

1つの畑で大豆と麦の作期を一時的に重ねて冷涼地で2毛作ができる

立毛間播種栽培
収穫前の小麦の畦間に大豆を、大豆の畦間に小麦を播種する立毛間播種栽培により寒冷地での2毛作が可能となりました。

耕うん・播種同時作業
畦間を耕うんしながら播種・覆土するため苗立が安定し、耕うん・播種同時作業なので効率の良い作業が行なえます。

簡単な条間調整
中央の播種ユニットが電動シリンダーで左右にスライドできるので麦収穫時にコンバインのクローラが大豆を踏まないように条間を変えて往復作業をすることができます。

株間2段階調整
株間は播種機のスプロケット交換により2段階(150mm・260mm)に調整できます。


■機種についての詳細はカタログをダウンロードしてご覧下さい。


なお、カタログをご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader 4.0 以上が必要です。
(↓無償でダウンロードできます)


ページトップ ホーム

ササキ

Copyright 2017 Sasaki Corporation. All Rights Reserved.