環境機械のササキ ササキ会社案内/沿革
沿革

ホーム農業機械環境機械バイオマス機械工場直受カタログ会社情報採用情報








品質方針
環境方針

鉄打ちの響き・・・ササキの歴史がはじまる
礎石を打ち込んだ創業者 佐々木忠次郎創業者写真
創業者 佐々木忠次郎刃物鍛冶修行終了の証として宮本豊國師匠から掛け軸一巻と鍛冶名「一鉄」をもらう
●昭和26年●
カルチベーターが農機具業界初の発明賞に輝く

カルチベータ

2代目 佐々木四郎、尊父忠次郎譲りの情熱と『開拓』精神でつくりあげたササキ式畜力用カルチベーターが昭和26年、業界初めての名誉ある発明賞に輝き、洋式農機具づく りの先駆者として歴史に名を刻みその精神は今日まで連綿と継承されております。
1901年 北海道空知郡(現在)に「佐々木鉄工場」を創設し洋式耕作農機具の製造販売を始める。
1947年 青森県十和田市に「佐々木農機株式会社」を設立し農機具の製造販売を始める。
1951年 カルチベ−タ−の開発により業界初の「発明賞」を受賞。
1953年 小型ハンドトラクター「ササキ式マメトラA型」の開発に成功し、全国販売を始める。
1964年 トラクタ−用補助車輪(ダイヤホイ−ル)を開発しトラクタ−の水田作業の普及に努める。
1972年 デンマ−ク・ATLAS社と乾燥処理に関する技術提携を結ぶ。
1978年 油圧駆動大型スピ−ドスプレイヤーを開発し、製造・販売を始める。
1983年 稲わら類良質飼料化技術に対し科学技術庁長官奨励賞を受賞。
1990年 8 月、社名を「株式会社ササキコ−ポレ−ション」に変更。
1991年 トラクタ−用補助車輪の開発・技術に対し科学技術庁長官賞を受賞。
1992年 現・相談役 佐々木忠一、トラクター用補助輪の開発により黄綬褒章を賜る。
1995年 マニュアスプレッダの広角散布機の開発で、特許庁長官奨励賞を受賞。
1996年 関東物流センターを小山市に開設する。 
1998年 環境システム営業部を設置、シュレッダー・ベイリングプレスの開発・販売を開始する。
東京営業所を開設する。
2000年 特許庁より「工業所有権制度活用優良企業」として「特許庁長官賞」を受賞。
イントラネットを導入し、IT(情報技術)システムの構築を図る。
2001年 創業100周年を迎える。
2002年 資本金を25,000万円に増資。
2003年 北陸営業所(現・長岡営業所)開設。
2004年 岡山営業所開設。
2008年 工場直受部設立。
2010年 4月、中国 江蘇省に佐佐木愛克賽路機械(南通)有限公司を設立。
2010年 にんにく植付機「ロボニン」の開発により「東北地方発明表彰」受賞。(PDF)
2011年 青森県より「ものづくり新世紀青森元気企業」に認定される。
2013年 資本金を10,000万円に減資。
2013年 関東ロジスティクスセンター開設。
2013年 自社ブランドで電動ラッセル除雪機『オ・スーノ ER-800』新発売。
2014年 木質バイオマスボイラー・ヒーター新発売。
2014年 最新の電着塗装ラインを導入した新工場が竣工し、稼働。
2014年 超耕速マックスハローACE新発売。
2014年 新規事業の太陽光発電所での発電開始。
2015年 「三八地域ものづくり産業フェア」において、「充電式コードレス電動ラッセル除雪機『オ・スーノ』」が三八ものづくり技術大賞最優秀賞を受賞。
2015年 平成27年度東北地方発明表彰において、「ブレード型充電式電動除雪機(意匠登録第1495280号)」が特許庁長官奨励賞を受賞。
2015年 「三八地域ものづくり産業フェア」において、「木質バイオマスボイラーCaP Fire WaZa『技』」が三八ものづくり技術審査員長特別賞を受賞。
2016年 超耕速アクティブロータリー新発売。
2016年 超耕速カドヌールACE新発売。
2016年

12月、ISO9001:2015、ISO14001:2015 認証取得。


ページトップ

農機と環境機械のササキ

Copyright 2005_2016 Sasaki Corporation. All Rights Reserved.